前へ
次へ

不動産を取得する場合には注意すべきことがある

良い物件を見つけて不動産会社から購入した場合に忘れてはならないことは登記をすることで、これを忘れてしまうと後でトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。
動産の場合には購入したい商品があればお金を支払えば自分の物になりますが、不動産の場合にはちょっと複雑で必要な手続きを踏まないと完全に自分の物と言えないこともあるので注意する必要があります。
確かに土地や建物などの不動産であってもお金を支払えば自分の物になりますが、登記をしなかった場合仮に不動産会社が売却した土地や建物を他の人に販売してその人が登記をしてしまった場合には大変なことになります。
後から購入した人が事情を何も知らなくて不動産会社から購入した場合にはその前にお金を支払って不動産を購入した人がいても、先に登記をしてしまえば後から購入した人のものになってしまうのです。
その場合には先に不動産を購入しながら登記をしなかったばかりにその不動産を手に入れることが出来なかった人は不動産会社に損害賠償の請求をすることが出来ますが、不動産を自分のものであると主張することは出来ないので十分に注意した方が良いです。

Page Top